キャップシールの取扱方法です

店番日記はこちらです
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

その他のオプション
ホームキャップシールについて

キャップシールとは

キャップシールとは未開封を確認するためにガラス瓶の口部に施す熱収縮フィルムです。収縮フィルムを意味するシュリンクフィルムとも呼びます。酒瓶等では装飾の為に印刷やアルミ蒸着を施したものも使用されます。

かつては塩ビも使用されていましたが、今は環境に優しいPET樹脂が主流です。弊社の販売するキャップシールは全てPET樹脂です。

キャップシールには通常ミシン目が入っており、開封時にはミシン目から簡単に破って開封できます。

キャップシールは容器の密封性には全く関与しません。

 

キャップシールの収縮加工方法

キャップシールは熱収縮フィルムですので、容器の口部に被せた上でハンドヒーターやヒートガン等で加熱することにより収縮します。

ショップでは加熱用のハンドヒーターを販売しております。ハンドヒーターは多数処理する場合に活躍します。

ハンドヒーターは予熱に時間がかかるため少量の収縮加工には効率が悪い場合もございます。小ロットの加工でしたらとりあえず身近な熱源をお試し頂けたらと思います。

身近な熱源とすればヘアードライヤーがポピュラーですが、水蒸気・お湯・直火などもご利用頂けると思います。ヘアードライヤーは機種によってはキャップシールの収縮ができない場合もございます。何れの方法も火傷や事故、火災には十分ご注意ください。

 

ハンドヒーターについて

スイッチを入れて加工に適した温度になればキャップシールを乗せた瓶に素早くヒーターを上からかぶせます。

天面の透明な雲母板にキャップシールが接するまでかぶせると収縮加工がうまくいきます。

ゆっくりとかぶせたり、かぶせ方が浅かったりした場合はキャップシールの上の方だけが先に収縮して飛び上がってしまい失敗します。

 

キャップシールの保管方法

キャップシールは熱収縮フィルムですので高温を避けて保管して下さい。極端に高温になる倉庫などでなければ大丈夫ですが、あまり温度が上がると急激な収縮はしなくても自然収縮が発生しますので好ましくありません。夏場でも40度を超えない、人間の生活するエリアに準じた環境の場所で保管して下さい。

 

 

ガラス瓶通販のちゅうくうHOMEへ